こんな種類がある

髪染め

それぞれ違いを把握しよう

頭髪に白髪が混ざりはじめると、実年齢より老けた印象を与えるものです。そこで多くの女性が考えるのが白髪染め。しかし、白髪染めには実はいくつもの種類があることをご存知でしょうか。もっとも一般的なのがヘアカラーです。よく染まり、色持ちが良いのがメリットですが、髪表面を覆うキューティクルをこじ開けて中に色素をねじ込んで色をつけますので、髪へのダメージは大きくなります。美容院でプロにお願いすること、市販の白髪染め品を買って自力で染めることもできますが、どちらも髪へのダメージは同程度にあります。白髪染めで受けたダメージを軽減するために、使用後はトリートメントをきちんと行う必要があります。ヘアカラートリートメントは、髪の表面に色素を吸着させる方法です。トリートメント成分が配合されていますので髪を傷める心配がなく、しっとりしたツヤが生まれる効果もあります。ヘアカラーを使う場合は肌や床、壁などにつかないように注意する必要がありますが、ヘアカラートリートメントは床などに少々ついてもすぐによく洗えば落ちますので、準備が楽で塗りやすいというメリットもあります。すぐに染まることはなく、徐々に色がついていきますので、時間がかかるのがデメリットです。一時染めの白髪染めもあります。全体を染めるほどでもないけれどごく一部の白髪が目立つときや、ヘアカラーをしていて伸びた部分だけを染めたいときなどに、気になる部分にさっと色をつけることができます。あくまで一時使いですので、シャンプーすると色落ちします。それぞれの特徴を知り、自分に合うものを選びましょう。

Copyright© 2018 ストレートアイロンの正しい使い方を知ろう【髪へのダメージを軽減】 All Rights Reserved.